車下取り手数料

手続きにかかる手数料ってどんなこと

 

ディーラーで新車を購入する際に、それまで乗ってきた車を下取りしてもらうことができます。

 

その際に、手続手数料が見積もりの中に記載されていることに気づかれることでしょう。

 

手続手数料の費用は、5000円程度のところから15000円程度まで差があり、一定ではありません。
しかし、なぜ手続きに手数料が必要なのでしょう。万一、下取り価格が0円だったら、逆に損をすることになります。

 

一般にこの手数料というのは、下取りに出す車の名義を変更するために必要な手数料です。

 

現金で一括購入した場合は、ほとんどの場合本人名義になるので、名義変更の手続きは必要ないのですが、
ローンを利用して車を購入した場合には車の名義、つまり所有者が本人ではなく、ディーラーなど販売店やローン会社になります。

 

 

このような場合に所有権解除の手続きが必要となってくるのです。

 

名義が誰になっているかは車検証を見るのと確認することができますので、一度確認してみることをお薦めします。

 

 

 

実際に、見積もりを取ると、本人名義であろうとなかろうと、下取りの手数料が記載されていることが多いので、もし本人名義であることがわかったなら、その費用のカットを要求してみると良いでしょう。

 

 

所有権解除の手続きが必要な場合でも、担当の営業マンによっては値引きの1つとしてカットに応じてくれることもあるので、少しでも費用を安く抑えたければ、要求だけはしてみることをお薦めします。

 

 

なお、ディーラーに下取ってもらうのではなく、車買取専門店で買い取ってもらう場合は、通常このような手数料が要求されない場合が多いです。
また手間はかかりますが、買取価格も下取り価格よりも高額になることが多いのでお勧めです。