車を手放すメリット

交通インフラの発達により車を持たない人も増えた?

最近では多くの人が所有する自動車を手放すといわれています。

 

特に東京や横浜、大阪などの大都市圏にこうした傾向が顕著であると言われています。

 

 

 

 

こうした地域では、すでに地下鉄やバス、飛行機などの交通インフラが整っていることからそれ以外の交通インフラを保有する必要は高くありません。

 

 

 

また、最近ではインターネットやスマートフォンなどの通信技術の発達により実際に現地に行かなくてもインターネットでのデータ通信で写真や動画などを自宅でやり取りできるようになったこともそうした要因の一つと言えます。

 

 

 

 

自動車を保有しないメリットはいくつかあります。

 

 

一つ目は、お金がかからないと言うことです。

 

例えば、2年から3年に一回の検査ではサイズか大きいものであれば10万円程度必要になります。
(車検費用や定期検査など)

 

 

また、タイヤやホイールなど、すべてを交換したら数万円程度は必要になります。

 

 

 

それ以外にも、保険をかけた場合、1年で30,000円以上は必要になってくるといわれます。

 

 

 

 

 

 

こうした費用の他にも、保管費用が必要になってきます。

 

 

例えば、自宅とは別にガレージが必要になります。

 

こうしたガレージの建設費用や、アパートの場合、アパート費用とは別にガレージの賃貸料が必要になります。

 

 

東京や大阪などの大都市圏でガレージを借りる場合は、月額で10,000円は少なくても必要といわれています。

 

 

こうした費用は、毎日地下鉄やバスで移動している人にとっては非常に負担が重いものであると言えます。

 

 

 

特に2014年の4月には消費税が5%から8%へ3%上昇したため、ほとんどの商品やサービスの値段が3%分増加しました。

 

それにより、ガソリンやオイル、タイヤなどの商品も価格が上昇したため、負担になっています。