廃車にする場合

廃車にする方法

下取り価格も付かず、また買取店でも価格が付かない場合には、廃車にする方法を選ぶことになります。

 

廃車というのは、車を解体して、ナンバプレートを返納し、永久抹消手続きを行った車両の事を意味しますので、廃車手続きという方法は存在しませんが便宜上そのように記載して行きます。

 

 

 

ご自身でやる場合には、

 

まず、車両を解体業者に持ち込みます。(持ち込めない場合はレッカー移動)

 

その解体業者からナンバープレート及び、解体証明書(もしくは引取証明書)を発行してもらいます。

 

ナンバープレートは陸運局に返納し、また解体証明書に記載されている移動報告日と解体した日は
末梢登録する際に必要になります。

 

 

手続きに必要になる物を挙げておきます。

 

  • ・上記のナンバープレートと解体証明書
  • ・車検証
  • ・納税証明書(都道府県により、不必要な場合あり)
  • ・印鑑
  • ・印鑑証明書

 

自身で持って行くものは以上です。

 

ただし、車検証の使用者と所有者が異なる場合には、(ディーラーや中古車販売店、ローン会社になっている場合)には、所有者発行の譲渡証明書、が必要になります。

 

所有者以外には廃車手続きは行えませんので、印鑑証明書と印の押された委任状も必要になります。

 

その他の書類は、各手続き場所に置いてありますのでお尋ねください。

 

 

 

廃車手続きは
普通乗用車は車検証記載の所有者住所を管轄する陸運局で行います。
軽自動車は車検証記載の所有者住所を管轄する軽自動車検査協会で行います。

 

 

上記手続きは、永久抹消を行う際に必要になる書類です。
もう一つの解体せずに一時的に登録を抹消しておく一時抹消の場合には、解体証明書は必要ありません。

 

 

 

また、業者にお願いする場合には、還付金の確認について行って下さい。
リサイクル料金以外の自動車税、重量税、自賠責保険に1か月以上の有効期限がある場合に返金されるお金が還付金となります。

 

 

加えて、業者に依頼する場合は譲渡証明書が求められる場合があります。

 

この書類は車の所有権を移す書類になります。
したがって、還付金は所有者に返されるお金になるため、あなたにではなく、業者の懐に入る場合がありますので、確認が必須になります。