車の下取り保証

下取りをすることを約束するのが、下取り保証

自動車には購入時の契約によって下取り保証を設定しているものがあります。

 

 

一般的な購入方法としては、各ディーラーなどで発表している実売価格をそのまま現金で支払ったり、ローンを組んで分割払いで購入することが行われており、購入後には完全に自由に自動車を利用することが可能になります。

 

 

 

自由というのは例えば他人に売却することもでき、逆に10年や20年もの長期間にわたって、乗り続けることもできるという内容になります。

 

 

しかし、下取り保証を設定している条件で購入した自動車の場合では、その条件通りに自動車を利用することが求められています。

 

 

 

実際に行われている下取り保証に関しては、販売しているディーラーやショップによっても大きく異なる内容のものがあります。

 

 

非常に分かりやすく簡単な事例としては、中古車販売店などで購入した中古車に関しては、購入後に乗り換えなどの時期を迎えた場合では、予め設定されていた金額で中古車販売店で買取りをして頂くことのできるものがあります。

 

 

このタイプのものでは3万円や5万円といった少額な場合が多い傾向にありますが、廃車にすることを考えた場合では、十分な資金となることも想定することができます。

 

 

また、大手自動車ディーラーなどで設定されている内容の中には、例えば新車購入から3年後に再び新車に乗り換えをすることを決めている場合などでは、購入金額の50%で買取ることを保証しているケースも実際に行われています。

 

 

細かい部分として走行距離数などの制限というものがあり、予め年間走行距離数などを計算しておくことも大切になりますが、

 

 

短期間で自動車の乗り換えをすることを考えている方にとっては、非常に優位性のある下取りとなります。