車の売却時の必要書類

必要書類についての確認

車下取り時に限らず車を手放すときには多くの必要書類がいります。
尚、車査定の際には特に書類が必要になることはありません。

 

まずは特に記述する必要もありませんが、自動車検査証が必要になります。
これは法律で車内に常に取り付けることが義務づけられたものであり、大抵の人は助手席前のボックスに入れているはずです。万が一ない場合、もしくは紛失した場合には運輸支局に申請して即再発行してもらう必要があります。

 

 

自動車税納税証明書と呼ばれる自動車税を納めていることを証明するための書類も必要です。
これがなければ車検を受けることができなくなります。こちらも紛失した場合には速やかに再発行してもらう必要があります。

 

 

 

そして印鑑証明書です。捺印した印鑑が実印であることを証明するものでこちらは三ヶ月以内に発行されたものでなければなりません。

 

 

同時に各種手続きする際に捺印をするための実印が必要になります。

 

 

そして日本国内において入ることを義務づけられている保険、いわゆる強制保険である自賠責保険ですが、これに入っていることを証明するための自賠責保険証というものが必要になります。

 

こちらは期限が切れている場合だと車を手放すことができなくなってしまいます。

 

 

紛失した場合は速やかに再発行する必要があります。
名義変更手続きを自分でやる場合には必要ありませんが基本的には買い取り店にやってもらうことになるので委任状というものがあります。

 

 

しかしこちらは自分で用意する必要はなく、大抵の場合買取店が用意してくれるため、実印を押すだけです。同じく店で用意してくれるものとして譲渡証明書があります。

 

実印を押して渡すだけで手続きは完了します。自動車リサイクル料金を預託している人はそれを証明するためのリサイクル券も必要となります。